カートをみる お得なポイント会員登録・マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

グナール|ヘアケア・育毛料

これからはえてくる髪のために、今できること・・・
発毛を新しい視点から見つめて


“皮フの組織再生活動は絶えることがなく、85%の細胞は常に活動し、発毛細胞の生命とその機能は一生持続するものであり、したがって適切な処置をとることにより、いつでも健全な発毛機能をとりもどせる”という説をベースに、グナールは従来の育毛料の考え方からさらに進んで、発毛メカニズムに焦点をあてて開発されました。
すぐれた浸透性を持った高級脂肪酸エステル成分により、頭皮や毛穴に詰った油脂分を溶解、分散させ、発毛促進、脱毛予防をもたらします。

髪が薄くなってきた場合の最も効果的な使用方法

髪の毛が薄くなってきた場合、最も効果をあげるためにはグナール・コンセントレートを夜、就寝前に頭皮に塗布することをお勧めします。
身体が休んでいる時こそ細胞分裂が活発な時で、グナール・コンセントレートが最も有効となります。
翌朝、グナール・スペシャルシャンプーで洗い落としてください(朝、洗髪できない場合、グナール・コンセントレートを塗布した後1時間以上たってからグナール・スペシャルシャンプーで洗い落としてください)。
シャンプーした直後にグナール・リンスプラスを使ってください。5分後ぐらいに良く洗い流してください。
リンスプラスは毛髪及び頭皮に潤いを与え、艶を良くし弾力性を甦らせます。髪の毛をタオルで乾かした後、髪の毛および頭皮にグナール・リバイタライザーをつけ、作用を持続させると共に、整髪しながら滋養物をも供給します。
リバイタライザーは使いやすく出きる限りシャンプーした後か、シャンプーと次にシャンプーするまでの間に使用します。頭皮・毛髪が乾いた状態でも湿った状態でもリバイタライザーを使えます。

抜け毛が多くしかもフケ性、或いはかゆみやその他の症状もあるなど、違う症状が2つ以上ある場合、頭皮の状態を正常化するための最も効果的な方法はグナール・コンセントレートを毎日使用することです。
状態が安定してきて不快感がなくなればグナール・・コンセントレートの使用頻度を減らしてもかまいません。

薬用 グナールコンセントレート

発毛機能本来の健康な状態に

薬用 グナールコンセントレート −育毛料−»

【特長】
  • 毛穴に詰まった古い角質などの老廃物を取り除き、新しい髪を生えやすくします。
  • 発毛機能を促進させる一方、発毛機能本来の健康な働きをよみがえらせ、薄毛・脱毛を防ぎ、発毛を促します。
  • 髪を構成する重要なアミノ酸を頭皮より浸透させ、薄毛・脱毛・を防ぎ、発毛を促進させます。

薬用 グナールリバタライザー (育毛料)

頭皮に栄養を与え、発毛しやすい状態に

薬用 グナールリバタライザー −育毛料−»

【特長】
  • 髪や頭皮にうるおいと栄養を与え発毛しやすい状態をつくり、しなやかでツヤのある美しい髪にします。
  • フケ・カユミをおさえます。
  • 裂毛、切毛、枝毛を防ぎます。

薬用 グナールシャンプー

頭皮の汚れを落とし、発毛しやすい状態に

薬用 グナールシャンプー»

【特長】
  • 発毛に阻害となる界面活性剤やコレステロールやラノリンを含まない弱酸性シャンプーです。
  • 生理的バランスを害することなく、自然の状態で洗髪できます。
  • 毛包の深いところの汚れを落とし、フケ・カユミをとり、発毛が促進されやすい状態にします。
  • しなやかでツヤのある美しい髪に仕上げます。

★抜け毛が多い女性の方にも特にお勧めいたします。


薬用 グナールヘアーリンス

しなやかなツヤのある美しい髪に

薬用 グナールヘアーリンス»

【特長】
  • ツヤを失いバサバサになった髪と頭皮に水分を与え、しなやかなツヤのある美しい髪に仕上げます。
  • 静電気の発生をおさえ、髪を傷める悪い環境から髪を保護します。

★フケが多い方には、是非シャンプー後のご使用をおすすめいたします。


【重要事項】
グナール・コンセントレートはつける直前に必ず温めてください。
温めていただくことにより、より使いやすくなると共に浸透性をも良くなり最大の効果を生むことになります。

注記:髪の成育は生理学的な作用で、人によってその過程は様々です。
脱毛を治すのにグナール・コンセントレートをどのくらいの期間使用すればよいといった断定はできません。
医学的な研究によれば毎日トリートメントを行った場合、数ヶ月続ければ十分との結果がでていますが、その人によっては或いはそれ以上の期間トリートメントを必要とする場合もあります。
ご自分自身が頭皮・毛髪の状態に満足できるまで毎日のトリートメントを続けられることをお勧めします。どんなものを使っても髪の毛を生やすスピードは速めることはできませんが、毛穴に詰まった古い角質などのため生えてこれなかった髪の毛を生やすことが出来ます。初めはなかったところから産毛として確認できます(1〜2ヶ月後)。
産毛が確認出来ましたら下記のマッサージ法を実行して頭皮を柔らかく、血行をよくして、どんどん濃く太くしましょう。
発毛トリートメント法
マッサージ法

マッサージは毛髪の成育のために大いに役立ちます。毎日のマッサージは欠かさないようにしましょう。 手でマッサージを行うのは‥‥ 髪の手入れにとても大切なこと。

【なぜ(理由)】
頭皮が固く、血行が悪くては髪の毛が太く濃くなりません。グナールを使用して産毛が生えてきたら、髪の毛を濃く太くするため実行して下さい。

毛包が詰まる、或いは皮下組織及び頭の筋肉が徐々に硬化したり収縮してくると、循環が悪くなり髪に必要な大切な滋養物が毛根まで届かなくなってしまいます。つぼをきちんとおさえた正しいマッサージは頭の各組織を運動させることにより柔軟にし、循環を活発にします。
グナール・コンセントレートが充分頭皮に浸透するよう、手でマッサージを行うと効果があがります。

【いつ】
少なくとも1日に1回は手でマッサージをしてください。また、できるだけ回数を増やしてください。グナール・コンセントレートをしようする直前直後は必ずマッサージを行ってください。

【どのようにして(方法)】
マッサージ法 下図はつぼの位置9ヶ所を示しますが、同じ数字が2箇所にある場合は両手を使ってマッサージします。
指の動きにつれて、指の腹と頭皮を一緒に動かすようにマッサージをします。指先がすべると、髪の毛を引っ張って抜いてしまう危険性がありますので注意しましょう。
最初の何回かは指先がすべったり、手がすぐに疲れてしまったりしますが、すぐに馴れますから諦めずに続けましょう。手順を9つのポイントにまとめてみました。


  1. 両手の指先を丁度自分の目の上の生えぎわの部分にあてて円を描くように10回程度、回転させてマッサージします。
  2. 両手を各々後ろ方向へずらして丁度自分の耳と平行になる位置で、再び10回程、回転させてマッサージします。
  3. 片方の手を頭の頂点までもって行き10回程、回転させてマッサージします。この時、指先を丸め、指が完全に髪の中に入り込んだ状態にすること。
  4. 両手の指先をそれぞれ左右のこめかみの上の生えぎわの部分にあて10回程、回転させてマッサージします。
  5. 両手の指先をそれぞれ左右のこめかみの上の生えぎわの部分にあて10回程、回転させてマッサージします。
  6. 片手の指先を使って9と3の中間点をやはり10回程、回転させてマッサージします。
  7. 両手の指先を左右の耳の後ろにあてて10回程、回転させてマッサージします。
  8. 背骨をはさんだ左右のうなじの外側部分を両手の指先で10回程、回転させてマッサージします。
  9. 片方の手で首のうなじの部分を10回程、回転させてマッサージします。あまりきつくなく、しかししっかりした手つきでこのマッサージを行うことで頭皮及び髪の毛の健康を促進します。

    ※マッサージをはじめてから暫くの間は抜け毛がかえって増えることがありますがご安心ください。これは既に古くなった髪や死んでしまっている髪が抜け落ちて、新しい髪が生えられる空間を作っているのです。
グナールをお勧めするのには理由があります